• TOP
  • 暮らしのヒント
  • はじめての一人暮らし。失敗しないお部屋の… はじめての一人暮ら…

暮らしのヒント

はじめての一人暮らし。失敗しないお部屋の選び方

はじめての一人暮らし、失敗しないか不安…。予算や条件を決めながら、いざ物件選びをするときに役立つコツやチェックポイントをまとめました。新生活や新学期に向けて、一人暮らしや引っ越しを検討している人向けに失敗しない部屋の探し方を紹介します。

2020/6/4

一人暮らしの物件選び、何が重要?


はじめて一人暮らしをするとき、どんな部屋を選べばいいのかなかなかわからないですよね。一人暮らしを始める前に確認しておきたい、物件探しのときに気をつけたいことをまとめてご紹介します。

部屋選びのチェックポイント4つ


予算やエリア、通学・通勤先までの距離など、部屋探しの条件はいろいろ。とくに重視しておきたい4つのポイントををピックアップしました。

1. 水回り(バス・トイレ)


毎日必ず使うからこそ、合わないとストレスなのが水回り。お風呂やトイレ、洗面台周りなど、物件によってかなりつくりが違うので要確認。

お風呂とトイレが一緒でもいい、独立洗面台が絶対欲しい、シャワーだけあればいい、など希望によって家賃もかなり変わるので、自分の求める条件に合うお部屋を選びましょう。

2. セキュリティ


一人暮らしでとくに気にすべきはセキュリティ面。同居人がいるのと、自分一人だけで住むのは、やっぱり状況が全然違います。

オートロックやモニター付きインターフォンなどの設備があるかを確認したり、上層階を選んだり、安心して暮らせる物件探しを。最寄りの警察署や交番の位置もチェックしておくと◎

3. 共有スペースの利便性


一人暮らしは基本的にアパートやマンションですよね。室内だけでなく、他の住民との共有スペースの設備も大事です。

宅配ボックスや駐輪場の有無、ゴミ出しの制限、エレベーター付きか、管理人室はあるのかなど自分が快適に過ごせる物件かを調べておきましょう。

4. 立地(エリア・路線)


通学や通勤などはもちろん、友達と遊んだり、日ごろの買い物をしたり、暮らしに大きく影響するのはどんな場所に住むか。

よく行く場所までのアクセスや、スーパーがどれくらいあるのか、治安のよさなど確認しておくと、暮らし始めてからのギャップが少なく思い通りに楽しめます。

住みたい街が決まらなくても大丈夫


そうは言っても住みたい街やエリアを決めるのはなかなか大変…。さらに賃貸物件は基本的に2年と中長期で契約をするため、なかなか住み替えや引っ越しがしにくい。

どこに住もうか悩むというあなたには、最短31日〜契約期間を自由に選べるOYO LIFEがおすすめ。

OYO LIFEとは

OYO LIFE(オヨライフ)は、オンライン完結・内見不要・最短31日〜・翌日から住める家具家電つきアパートメントサービス。スマホでお部屋を借りて、セルフチェックイン。好きなときに好きな場所で、身軽に効率よく暮らせます。

新着物件もご紹介できます

あなたに合ったお部屋を提案します。

早速部屋を探す
OYOは何が一般的な賃貸と違うの?

関連する記事