インタビュー

自由な暮らしを追求する OYO LIFE活用法 / Midori Fukiharaさん

旅するように暮らせたら、どんな暮らし方をしたい?多彩なバックグランドやライフスタイルを持つOYO LIFEアンバサダーに「OYO LIFEの活用法」を聞きました。今回は海外企業会社員リモートワーカーのMidori FukiharaさんのOYOLIFEでの生活、暮らしの価値観をご紹介します。

2020/11/13

キャリア

新卒2年目の社会人。海外スタートアップ企業に勤務し、現在日本でリモートワーク中。大学卒業・大学院に進学した後、ケニアで農作物の流通を担う現地企業で働き始めました。
法人営業のマネージャーや新規事業開発責任者を担当しました。副業としてケニア現地ファッションブランドのモデルやデザイナーもしていました。

OYO LIFEに興味を持ったきっかけ

ケニアに住んでいた頃からOYOのことは知っており、利用してみたいなと思いつつ、日本には年に数回2週間程の短期滞在で帰ってくるだけだったので利用できずにいました。
この度、コロナの影響で期間未定で帰国することになり、しばらく定住しない生活をすることにしました。そんな自分のライフスタイルに合ったサービスについてTwitterで情報収集していたところ、あるアドレスホッパーの方のブログを通してOYOのアンバサダーキャンペーンのことを知り、今回アンバサダーという形で利用を始めました。

OYO LIFEと今までの引っ越しの違い

キャリーケースに貴重品や衣服だけ詰めて、自分の体一つで引っ越せる新しい形の引越しはとても新鮮で楽でした。
基本的な家具は付いているので、搬入や購入に時間や手間を割かなくていいのが良いです。その分、住む人それぞれが自分の好みに合わせて暮らしをカスタマイズすることにフォーカスしやすいな、と感じました。私の場合は、加湿器やアロマオイル、テレビでインターネットコンテンツを視聴するためのガジェット類などを追加で購入して楽しく過ごしています。

OYO LIFEを使ってみて

マンスリーマンションなどの利用は契約が大変そう・・と思っていたり、短期利用前提に設計された民泊などは、次住むところの確保が気がかりでそわそわしたり、とOYO LIFEを利用する前までは思っていました。OYO LIFEは手続きが簡単で1ヶ月以上の中長期のステイに適していて、そのようなことが不安がないので、安心して暮らせています。お陰でパートナーと同棲生活を始めることができました。

新しい街での過ごし方

平日

私自身の場合、平日は自宅でパソコンを開いて仕事をしたり、お料理をしたり、お家タイムを楽しんだり。現在は仕事の量を減らしていて、自宅でゆっくり過ごすことが多いです。
私のパートナーは近隣のカフェで仕事をしたり、オフィスでミーティングをしたり。各沿線の駅から近いので通勤などの移動が便利みたいです。

休日

パートナーと2人でゆったりと過ごすことが多いです。カフェに行ったり、食事に行ったり、映画館に行ったりしています。
赤坂の豆虎というコーヒーショップのコーヒー味のソフトクリームがとても美味しいです。溜池山王のNew York Vendorsというチキンオーバーライスのお店や、同じく溜池山王の南国亭という火鍋屋さんもお気に入りです。来週は少し遠出して箱根へ温泉旅行に行くので楽しみです。

住んでみたい街

もし仕事の都合が付けば、今住んでいるところが都心なので逆に、海が見える街山の近くなど、自然を感じられる場所に住めたらいいなぁと思ったりします。
都心の便利さや快適さも魅力的ですが、久しぶりの日本暮らしで、コロナ後はまた海外に戻る予定なので、日本の食や四季、文化などを存分に楽しみたいです。

理想の暮らし方

私にとって理想の「住」は、自由な暮らしと落ち着く空間の両立です。
「住」にとらわれて、行動やチャレンジの幅を狭めたくないので、自由で身軽な暮らしが理想だと思っています。いずれ機会を見て海外に戻りたいと思っているので、今はどこか一箇所に住居を構えたり、大きな家具を持ったりはしないでおこうと思っています。

自由で身軽な一時的な住まいではあるものの、家は落ち着き安らぐ空間で合ってほしいです。好きな香りや音楽に包まれてリラックスする夜の時間が自分にとってとても大切です。

OYO LIFEとは

スマホでお部屋が借りられるオンライン賃貸サービス。初めて一人暮らしをする方、転勤や出張でお部屋が必要になった方にもピッタリです。
<サービス特徴>
・初期費用を抑えることができる。
・スマホ1台で、お部屋探しから契約まで完結。
・水道光熱費、Wifi完備の定額コミコミ料金。最短翌日から快適に暮らせる。
・家具家電付き物件多数。

新着物件もご紹介できます

あなたに合ったお部屋を提案します。

早速部屋を探す
OYOは何が一般的な賃貸と違うの?

キーワード